ブロカント・パリ

ブロカントのレア雑貨ご紹介

ブランデーグラス

主人と一緒にブロカントに行くと全く違う趣味のものを買ってくる
それも面白い


飲みにくそうで洗いにくそう、でも気に入っているらしい
これでワインを飲むと美味しいんだって


ひとつづつ手作りなのか微妙に形が違う
繊細で割れそうなところがいいね

リシャノワーのブロカント

案内の地図を当てにすると歩き回って探すことになる


リシャノワーじゃなくってオーベルカンでしょ!
情報は正確に欲しいわ


お店の方もやる気が無さそうで、客もつまんなそう


わあ~素敵!って思う物も見当たらない


クリスマス近くなって賑やかなのは高級店だけかもしれない
スーパーマーケットは入りたくないと思うほど人が溢れ
バスもメトロもいっぱいの人、人、人、


今日は収穫無し


この時期は寄付集めのためのフリマが多くて気を付けないと時間の無駄になる
しっかり説明書きに書いておいて欲しいなあ


今週末は良い天気に恵まれますように・・

リモージュのプレート

アリグレのブロカントでリモージュの器、形いろいろ60点揃えて仕入れしてきました。

42㎝の大皿、もう一回り小さな37㎝の、やっぱり大皿


蓋つきのスーピエール、大小


定番の金縁にミルフルールの小花が可愛い


高台の足つき ケーキを置くお皿


スープ、ソース入れ


黄緑色が軽やかでしょ、
ボルドー色に金縁だとフランス料理しか合わないけれど
この優しさは和食にも合いそうね。


長い小さな皿


他に33㎝の大きな丸皿とか洗面器みたいなサラダボール?
普通の大皿?とスープ皿、ええとなんか色々・・





盗難

日本から遊びに来ている友人が携帯盗まれたり

バッグを紛失したり、

あわただしい毎日でした


メトロの中はスリだらけ


こんなきれいな街で、みんな豊かに暮らしているのに


陸続きだからいろいろな人たちが入ってきて


日本では信じられないことが毎日起きている


それでも皆逞しく生きている


楽しく生きる方法はいくらでもある

アリグレの蚤の市/セーブル

アリグレはクリニャンクールやヴァンヴーの蚤の市と同じように

常設店です。


寒かったり雨が続いて郊外のブロカントに行けなかったので

思い切ってここに来てみました。


向こうの建物は野菜やお肉を売っている普通の市場、

毎日とても賑やかな場所です


あまりここへ来ないのは高いから( ̄∇ ̄;)ハッハッ

ホントに高いんですよ!
でも、その中から掘り出し物を探すのが面白い


今日はなんと! 古セーブルを見つけてしまった!!

ゴミのように段ボールの底にひっそり寂しく
助けを呼ぶかのようにちらちら見るんですよ。


身分不相応物は始めっから見ないことにしてるんですけど
交渉成立……!


1750年代、ルイ15世時代のロココスタイル
もしかするとポンパドール夫人が使ったものかもしれない~♪
蓋が無くて良かったね、などと思いながらニヤニヤするのです。